2011年-2012年 スペシャルセミナー講師

※講師プロフィールは全て開催当時のものです。 

第26回 2012年12月1日開催

田母神俊雄氏

田母神 俊雄  たもがみ としお 氏

第29代航空幕僚長

 

テーマ:「日本人の底力!未来を拓く大和魂」

 

1948 年7 月生まれ。福島県郡山市出身。防衛大卒業後、航空自衛隊に入隊。若い時分は地対空ミサイルの運用幹部として約10 年の部隊勤務を経験。その後、統合幕僚学校長、航空総隊司令官などを歴任。2007 年 航空幕僚長に就任。2008 年 民間の懸賞論文への応募作品が政府見解と対立するものであったことが問題視され、幕僚長を更迭。同年11 月3 日付をもって定年退職となる。同年11 月11 日参議院防衛委員会に参考人招致されたが、論文内容を否定するつもりはないことを改めて強調した。2009 年2 月以降、渡米講演の他、全国各地での講演と執筆活動に従事。

 

第25回 2012年7月18日 開催

中田宏氏写真

中田 宏  なかだ ひろし 氏

前 横浜市長

 

テーマ:日本回復への道すじ

 

2002年に37歳で横浜市長に就任。2期8年で市の借金約1兆円を返済。職員定数削減、一般競争入札制度化等タブーなき改革を断行。
2009 年 横浜市長退任。現在、青山学院大学大学院国際マネジメント研究科客員教授、岡山理科大学客員教授、倉敷芸術科学大学客員教授、千葉科学大学客員教授等。

第24回 2012年4月17日 開催

宮本 隆治  みやもと りゅうじ 氏

フリーアナウンサー

 

テーマ:よい印象の言葉力

~30秒で人の心をつかみ1分でまとめる~

 

1950 年10 月8 日生まれ。福岡県出身。慶慮義塾大学文学部卒業後、1973 年NHK 入局。NHK アナウンサーとして、「NHK 歌謡コンサート」「思い出のメロディー」「NHK のど自慢」「土曜スタジオパーク」等、数々の名物番組を担当。「NHK 紅白歌合戦」では、1995 年から6 年連続総合司会を務める。同局エグゼクティブアナウンサーを経て、2007 年4 月、フリーアナウンサーに。2009 年11 月には「天皇陛下御在位二十年記念式典、並びに国民祭典」の司会を務めた。

 

 

第23回 2011年12月3日 開催

岡崎 久彦 おかざき ひさひこ 氏

NPO法人岡崎研究所理事長・所長

 

テーマ:国際情勢と日本外交

 

東京大学法学部在学中に外交官試験に合格、外務省に入省。55 年ケンブリッジ大学経済学部学士及び修士課程修了。在サウジアラビア大使を務め、1988 年より在タイ大使。92 年に外務省を退官。博報堂特別顧問に就任。95 年フジサンケイグループ第11 回鹿内信隆正論大賞受賞。現在は、NPO 法人岡崎研究所理事長・所長。著書に『隣の国で考えたこと』( 日本エッセイストクラブ賞受賞)、『 国家と情報』(サントリー学芸賞受賞)等がある。

第22回 2011年9月17日 開催

石 平 せき へい 氏

中国問題評論家拓殖大学客員教授

 

テーマ:私の見た中国と日本

 

中国四川省成都市生まれ。教師だった両親が大学から追放されて農場へ「下放」されたため、四川省の農村部で漢方医の祖父によって扶養、祖父から「論語」を教わる。北京大学哲学部卒業後、四川大学哲学部講師を務める。その後、来日し神戸大学大学院文化学研究科博士課程修了。「なぜ中国人は日本人を憎むのか」(2002 年)発刊し、日中問題を中心に執筆、講演、テレビ出演などの言論活動を展開している。2007 年日本国籍に帰化。

第21回 2011年6月17日 開催

辻井いつ子 つじい いつこ 氏

盲目のピアニスト・辻井伸行氏の母

 

テーマ:明るく、楽しく、そしてあきらめない生き方

 

東京女学館短大卒業後、フリーのアナウンサーとして活躍。86 年結婚。長男・伸行氏が生後まもなく全盲とわかり、絶望と不安のなか、手探りで子育てをスタートする。「明るく、楽しく、あきらめない」をモットーに、持ち前のポジティブさと行動力で伸行氏を育てる。現在は、子育てに悩む親御さんが集まって、意見交換するサイト「辻井いつ子の子育て広場」を開設。自分の経験をもとに各地で講演活動も行う。